自律神経を整える食べ物とは

自律神経を整えるためにはどのような食べ物を食べればよいのか気になると思います。

結論から言うと、何を食べるかということよりも、できるだけ多くの種類の食べ物をバランスよく食べるということが一番大切です。

栄養のバランスが偏っていると自律神経が乱れてしまうからです。

sozai_57045

栄養素でいえば、ビタミン類、ミネラル、食物繊維、カルシウムなどが不足しないようにバランスよく摂取する必要があります。

中でも、ビタミンB12は、神経のビタミンとも呼ばれていて、自律神経が正常に働くためにはとても重要な栄養素だといわれています。

ビタミンB12を多く含む食べ物は、納豆、味噌、醤油などの発酵食品、サバ、イワシ、サンマなどの青魚、牛や豚のレバー、チーズなどです。

しかし、ビタミンB12がいくら良いといっても過剰に摂取すると逆にマイナスになってしまいます。

食事というのはあくまでもバランスが大切なので、できるだけ偏らないようにして様々な栄養素を摂取するように心がけましょう。

とはいっても、食べ物の習慣というのは恐ろしいもので、つい同じものばかりを食べてしまいがちですよね。

それに食べ物だけで必要な栄養素をバランスよく摂取するというのは難しいかもしれません。

そういう方は、サプリメントなどを摂取して、不足する栄養素を補うようにするのもひとつの方法です。