寒暖差アレルギー対策にはマスクが有効

寒暖差アレルギーとは、寒暖差によって自律神経が乱れ、くしゃみ、鼻水、睡眠障害などの症状を引き起こすことを言います。

急に寒くなったりすると体が対応できなくなるので、自律神経が乱れてしまうのです。

ですから、寒暖差アレルギーを予防するためには、できるだけ体が寒暖差を感じないようにすることが大切です。

そのためには服装を上手に調整することが大切です。

脱いだり着たりしやすい服装によって、気温に適した服装をすることで寒暖差を感じないようにすることです。

それと、意外と効果的なのはマスクをすることです。

マスクをすると鼻の粘膜を冷気から守ることができますので、体か感じる温度差を少なくすることができるのです。

ですから、寒暖の激しいときや寒い季節にはマスクは必需品です。

もちろん、日ごろの食事や睡眠、運動が大切なのは言うまでもありません。