お腹がゴロゴロ鳴るのはどんな病気?

空腹でもないのに、1日中お腹がゴロゴロ鳴るので困っている。

これはどんな病気なのでしょうか?

結論から言うと、過敏性腸症候群という病気だと思われます。

過敏性腸症候群とは、病院などで診察をしてもらって、特に身体的に異常がないのに、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢などの便通異常が長く続く病気を言います。

過敏性腸症候群の症状は、人によって様々で、便秘や下痢のほかに、腹部膨満感、腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)、放屁などのガス症状も比較的多くみられます。

過敏性腸症候群は、精神的ストレスなどによる自律神経の乱れが原因だと言われています。

ですから、お腹がゴロゴロなるのを治すためには、まずは自律神経のバランスを整えることが大切です。

そのためには、規則正しい生活をし、睡眠をしっかりととること、バランスの良い食事をすること、運動を定期的に行うなどが大切です。

そして、1日の中でもリラックスできる時間を持つことも必要です。

特に夜寝る前は、呼吸法やストレッチ、ヨガなどを行い、副交感神経を優位にすることが大切です。

また。過剰なストレスなどにより自律神経が乱れると腸内環境が悪いことが多いので、腸内環境を良くすることも大切です。

そのためには、乳酸菌の多い食品を食べるようにしたり、ビフィズス菌のサプリメントなどを摂取すると良いでしょう。

 ビフィズス菌サプリのおすすめはこれ!