自律神経を整える入浴のしかた

自律神経を整える方法として、入浴(お風呂に入る)はとても効果的です。

よく、シャワーだけですませる人がいらっしゃいますが、自律神経を整えるという点では湯船にしっかりとつかるようにしたほうが良いようです。

ところで、入浴のしかたというとまず気になるのがお湯の温度と入浴の時間だと思います。

熱いほうがよいのか、それともぬるいほうが良いのかということですが、自律神経を整えるためには、39度から40度くらいのややぬるめのお湯に15分くらいつかるのが最も効果的なようです。

ただし、体調には個人差がありますので、この15分という数字にあまりこだわる必要はありません。

それともうひとつ気になるのは、全身浴が良いのか、それとも半身浴が良いのかという点です。

これについても個人の体質などに違いがありますので一概には言えませんが、全身浴だとすぐにのぼせてしまうという方もいらっしゃると思いますので、その場合には、最初の5分くらいは全身浴で、その後は半身欲にすると良いでしょう。

また、入浴のしかたは夏と冬とでも違ってきますね。

特に冬は体が冷えていますので、全身浴の時間を長くしてしっかりと体を温めたほうが良いかもしれませんね。

半身浴の時には体が冷えないようにタオルを肩にかけるようにするなど、工夫しましょう。