健康診断で白血球が少ない どうする?

先日、健康診断で白血球が少ないという結果が出ましたが、そうなると、どのように対処すればよいのか気になりますね。

そこで、白血球が少ないときの対処法を調べてみました。

sozai_57045

白血球が少ないのはどのような原因なのかということについてはいろいろとあります。

薬を服用している場合にはその影響で白血球が少なくなることがありますが、そうでない場合には、精神的なストレスによって少なくなることもあるようです。

ですから、対処法としては、できるだけストレスを溜めないように、ステレスを上手に解消することが大切です。

自分なりのストレス解消法があれば一番良いのですが、そうでない場合は、自律神経を整える音楽などもありますので、そういったものを利用するのも良いでしょう。

 

それと、睡眠と食事も大切です。

睡眠は十分にとるようにして、食事はいろいろな種類のものをバランスよく食べることが大切です。

白血球の基準値は3200~8500個/μLといわれていますので、それより少ないと再検査になってしまいますが、これはあくまでも基準値で、この値より少ないからといって必ずしも悪いというわけではありません。

実際に、基準値からはずれていても健康な人はたくさんいるようですし、そのときの状態によって数値が変わってきます。

ですから、白血球が少ないからといって過度に心配する必要はありませんが、何らかの病気が原因の場合もありますので、気になる方は精密検査をしてみると良いでしょう。