低フォドマップ食とは

低フォドマップ食とはオリゴ糖・二糖類・単糖類・ポリオールを少なくした食事法のことをいいます。

普段から、便秘や下痢、ガスなど、お腹の調子が悪い方は、低フォドマップ食を食べるようにすると良いということが最近の研究で明らかになりました。

一般的に食物繊維やオリゴ糖、発酵食品などは、腸に良いといわれていますが、普段からお腹の調子が悪い人は、こういったものを食べることで、さらにお腹の調子が悪くなっているそうです。

では、低フォドマップ食とは具体的にどのようなものがあるのかというと、

野菜では、ダイコン、ニンジン、キャベツ、ほうれん草など、
果物では、バナナ、ぶどう、イチゴなどです。

反対に、食べないほうが良いもの(フォドマップが多く含まれている食べ物)は、
・納豆、粕漬、漬物、キムチ、麹、味噌、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品
・オリゴ糖、砂糖、はちみつなどの糖類
・ごぼう、らっきょう、玉ねぎ、にんにく
などです。

ですから、過敏性腸症候群など、普段からお腹の調子が悪い方は、フォドマップが入っている食品は控え、できるだけ低フォドマップ食を食べるようにしましょう。

なお、低フォドマップ食については、以下の本に詳しく書いてありますので、興味のある方は、読んでみると良いでしょう。