偏頭痛と自律神経の関係について

偏頭痛の原因にはいろいろとありますが、自律神経の乱れが偏頭痛を引き起こしていることもあります。

頭の片側からこめかみにかけてズキンズキンと脈を打つような痛みを感じる場合には、自律神経の乱れによる偏頭痛かもしれません。

31357a3c69ce21dcd4742e2204e707ad

自律神経の乱れというのは、交感神経が副交感神経よりも優位になっている状態です。

特に現代社会では、仕事や人間関係などによってストレスが過剰となり、副交感神経に比べて交感神経がはたらきすぎてしまう人が多いようです。

ですから、偏頭痛を改善するためには、交感神経をおさえて、副交感神経を優位にしなければなりません。

副交感神経を優位にする方法は、リラックス状態をつくることです。

例えば、お風呂に入って疲れをしっかりととること、マッサージやストレッチで体をほぐすこと、リラックスできる音楽を聴くことなどが良いでしょう。

また、瞑想や呼吸法などをするのもおすすめですし、睡眠をしっかりととることも大切です。

こうしてリラックス状態を意識的につくることによって、自律神経のバランスが整えば、偏頭痛が治るかもしれません。

もちろん、他の病気が原因の偏頭痛もありますので、気になる場合には、一度お医者さんに見てもらったほうが良いでしょう。