自律神経を整える方法

・最近、夜中によく目を覚ます、寝つきが悪い
・食欲がない、吐き気がする
・便秘や下痢などが続き、お腹の調子が悪い
・なんとなく気分が晴れない、落ち込んだ気分になる
・手足が冷える

あなたは、このような悩みをお持ちではありませんか?

イラスト

現代人は人間関係などによるストレスが多く、自律神経のバランスが乱れてしまうため、様々な身体の不調を訴える人が多くなっています。

ですから、逆に言えば、自律神経を整えれば、身体の不調のほとんどは改善されるということです。

そこで、当サイトでは自律神経を整える方法を様々な角度からご紹介します。

自律神経を整えるためには、食べ物、運動、睡眠などの日常生活を改善するとともに、ストレスを解消することが大切です。

自律神経を整える食べ物

自律神経を整えるためには、ビタミン類、ミネラル、食物繊維、カルシウムなどの栄養素が含まれている食べ物をバランスよく食べることが大切です。

中でも、ビタミンB12は、自律神経が正常に働くためにはとても重要な栄養素だといわれています。

納豆、味噌、醤油などの発酵食品やサバ、イワシ、サンマなどの青魚はビタミンB12が多く含まれています。

詳細はこちら!

 

自律神経を整える運動

自律神経を整えるのにおすすめの運動は、ウォーキングです。

ウォーキングは全身運動なので、血流が良くなって筋肉の緊張が適度にほぐれますし、歩くことでα波や快感ホルモンのβ-エンドルフィンが分泌されますので、ストレス解消にもなります。

詳細はこちら!

 

自律神経を整える音楽

自律神経を整える方法として音楽を聴くことはとても有効です。

音楽は、単に聴覚域を開くだけでなく、脳の深遠の領域にある自律神経系や内分泌系にまで影響を及ぼします。

詳細はこちら!

 

自律神経を整えるリラックス法

自律神経を整えるリラックス法には、呼吸法、ヨガ、ピラティス、アロマテラピーなどがあります。

呼吸法やヨガなどで深くゆっくりとした呼吸を行うと副交感神経が活発になりますし、アロマの香りはリラックス効果が高いので自律神経を整えてくれます。

詳細はこちら!